京都・西院 駱駝家
臭みの無いラムの「ジンギスカン」と、新鮮な神戸・三田牛の「モツ鍋」が自慢です

炭火酒楽 駱駝家-RAKUDAYA- ラム肉を和風でいただく旨さ
絶品!仔羊のしゃぶしゃぶ

■ 美味しくて体に優しい、元気になる料理を 

駱駝家のジンギスカン・しゃぶしゃぶで羊肉のイメージが変わる

「羊の肉」と聞くと、「臭みがある」「特有の香りが強い」というイメージをお持ちではないでしょうか。「羊毛種」や、「マトン肉(2歳以上になった羊肉)」であればそうかもしれません。

駱駝家の羊肉は「肉用種」であり、厳選された「熟成のラム肉(生後1年未満の羊肉)」だけを使用しているので、クセは無く旨みもたっぷり。

それだけではありません。「羊」と「食」の2文字をくっつけると栄養の「養」になるくらい羊肉には栄養が含まれています。疲労回復・冷え予防・美肌・老化防止効果があるビタミン(B1、B2、D、E)鉄分亜鉛カルシウム、体内で生成することのできない8種類の必須アミノ酸、と挙げるとキリがありません。更に牛肉、豚肉、鶏肉に比べはるかに多く含まれる「Lカルニチン」という成分は体内脂肪を燃焼させる働きをします。

栄養豊富で高タンパク低カロリー、魚なみの低コレステロールのラム肉は、美容と健康を大切にしたい女性はもちろん、仕事に励む方や、育ち盛りの子供たちにも力強い味方です。

牛肉と同じようにレアでも食べられますので、旨みである肉汁と栄養素を壊すことなくいただけます。魅力たっぷりのラム肉をぜひお楽しみ下さい。

 

■ 肉用種と羊毛種の違い 

ラムは大きく分けると肉用種と羊毛種に分類されます。
  • 肉用種:
    食肉用に育てられたラムで、肉質はジューシーで、体型も大きく羊独特の臭みもほとんどありません。
  • 羊毛種:
    羊毛用に育てられたラムで、品質の良い羊毛が取れるのが特徴です。お肉も食肉用として出荷されますが、肉質は硬く、赤黒く、羊臭さが目立ちます。

もちろん、当店では肉用種をご提供しており、「ラム」と聞いたときに思い出す臭みを感じずに、自慢の味のみをお楽しみいただけます。


トップへ戻る店舗情報メニューラム肉について